謹賀新年と恭賀新年の意味の違い、上司に使えるか?

日常生活のマナー

年賀状でよく使う謹賀新年や 恭賀新年という言葉。
今回はこれらの言葉の意味の違いや使い方の注意点についての解説です。

恭賀新年の意味と使い方

恭賀新年(きょう がしんねん )の意味は
「うやうやしく新年を祝う意で、年賀状に書く挨拶の言葉。」
です。

新年の挨拶として使われ、
「新年を鄭重にお祝い申し上げます」
という意味です。
年賀状などの新年のあいさつにに用いる言葉です。
謹賀新年や
恭賀新正

とほぼ同様の意味です。

引用:https://www.weblio.jp/content/%E6%81%AD%E8%B3%80%E6%96%B0%E5%B9%B4

謹賀新年と恭賀新年の意味の同じ言葉

恭賀新正
恭賀新歳
謹賀新年
恭賀

などがあります。

恭賀新年と謹賀新年の違いは?

恭賀新年と謹賀新年の違いは、若干のニュアンスの違いがあります。

恭しいという文字は、目上の人に対して用いる言葉です。
ビジネスや目上の人などに対する年賀状の言葉としては問題ありません。

恭賀新春という言葉も上司に使って構わない言葉です。

ただ、職場の後輩や年下など、
明らかに上下関係が自分より下の相手に対しては
恭しいという言葉は適してはいません。

謹賀新年の「つつしむ」という言葉は、
恭しいと比べると上下関係は弱い言葉です。
目上の人はもちろん、
後輩や年下の相手に対してつかっても問題ありません。

まとめ

恭賀新年と謹賀新年の意味や違いについて解説しました。

最近は年賀状をやり取りすることも少なくなっている方も増えていますが、

挨拶は大切にしていきたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました